Jun 8, 2019

森と竹林 明治学院大学 学園祭でアピール!

Bamboo  Kamakura~鎌倉の森を残し伝える会の5月26日の会場は、明治学院大学学園祭戸塚祭りでした。大学の「屋台部」との共催でブースを2つを出しました。
森と竹林の問題を身近に語り合う場としてのブース運営です。

  


竹を素材にした楽器作りと演奏は、
楽器・サウンドクリエーターの鞍持勇紀さん。

ブース1 竹の子インドカレーとお手製メンマの販売

先日実施したタケノコインド料理のレシピで作ったインドカレーの販売。


屋台部の面々総勢7名で夜遅くまで調理してくれました。
竹の子の不足分は、地元舞岡の農家さんの竹林に取りに行き、これを提供いただきました、お礼を申し上げます。



インドのカレーにしなちくの添え物!
1 m以上に成長して料理に使えないタケノコを材料に、しなちくも試作しました。なんと、これも好評で、はからずも今後の料理レパートリーが増えただけでなく、竹の子の活用法にまでつながった次第。

 

ブース2 竹林の竹を使った楽器作りワークショップ

楽器作りを教えてくれたのは鞍持勇紀さん。電子音楽、竹を素材にした楽器作りのエキスパートです。
ブールを訪ねてくれたのは、幼児から年配者まで多彩でした。大学と地域市民共同の学園祭、様々な方が訪れて森と竹林についての対話が続きました。

今後、大学生のみなさん、ボランティア推進室との連携が出きることを期待しています。

※この活動は、コスモカード会員の皆様からの助成をいただいて実施している事業です※

 

Posted in ニュースNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment