プロフィール

地球の楽校

地域における環境、生物、暮らし文化の研究・調査を行い、地域資産(資源・遺産)の提言、地域活性化計画策定などに参画する非営利事業団体として発展させてきました。さらに地域資源の第一は人づくりです。地域における人づくりの原点である青少年への成長支援のニーズに取り組む場として、子どもの居場所作り事業(文科省事業)を2008年に実施しました。さらに青年期以降の支援教育、大学における人材教育にも取り組んでいます。

2000年「鎌倉こども自然塾」を開校。
2005年「NPO地球の楽校」に改名(2008年文科省子どもの居場所作り委託事業開始)。
2010年「長期宿泊体験指導者養成事業」開始(~2011年文科省委託事業)。
2014年 法人格を変更し、一般社団法人地球の楽校とし現在に至る。
2016年 大学における、新領域創成科学分野の人材育成カリキュラム(東京大学)参画開始。
子育てアドバイス講座開始(カウンセリングルームそらいろとの共催事業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一般社団法人地球の楽校の役員
理事
(4名) 代表理事 長谷川孝一
理事 清野聡子 国立九州大学准教授
理事 福永真弓 国立東京大学准教授
理事 川田佳子 日本大学准教授
監査
(1名) 酒井太郎 酒井内科クリニック院長

一般社団法人地球の楽校事務局 住所/〒248-0023 鎌倉市極楽寺2-13-5 TEL/0467-24-3913

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長谷川孝一

横須賀市自然史博物館調査・環境教育普及指導員、潜水指導団体NAUI教育管理部門を経て、1996年ama水辺の自然文化研究所を設立。その後、環境と青少年育成を目的とした全国団体の立ち上げに参画、理事として活動する。2008年環境省「自然公園における野外活動安全マニュアル策定」委員。日本エコツーリズム協会「日本のガイド100人」。
現在、一般社団法人地球の楽校代表理事及び海の子森の子クラブ校長。
エデュケーショナルデザイナー、ツーリズムコーディネータとして活動中。ライフワークは水圏(水辺の)リテラシー。

・日本エコツーリズムセンター世話人、同安全委員会委員
・環境カウンセラー(環境省・市民部門)
・伊豆諸島ツーリズム研究会代表
・(独行)国立青少年教育振興機構 NEAL主任講師及びCONEトレーナー
・RAC(川に学ぶ体験活動協議会)CNAC(海に学ぶ体験活動協議会)理事(2004~2012年)
・国立若狭青少年自然の家事業評価委員(2006~2015年)
・ダイビング指導員
・Wilderness First Aide (野外・災害救急法ベーシックレベル認定)Wilderness Medical Associates International

<著書>
・『海の楽校』 山と渓谷社
・『スノーケリングガイドブック』 成文堂新光舎
・『水の星地球』  JAMSTEC  (独行) 海洋研究開発機構 他

 

地球の楽校のビジョンへ>>