海の子森の子クラブ

子どもがワクワクしながら過ごし、自ら育つ居場所が地域には必要です

 

子どもたちに十分な経験を!

基礎体力、コミュニケーション力、学習意欲、規範意識などの低下が危惧されます。
それは家庭の教育力や地域の教育機能が失われてきた結果です。
子ども達が発達段階毎に経験すべき様々な体験を経ないまま、成人していく現在の状況は深刻です。
私達は、このような状況を変えようと15年前に発足しました。

竹屋敷

 

 

体験から学びとる

豊かな体験は、自ら育つ力を生みだします。大人が教え含めるのではなく、子どもが本来備えている自ら学び取る力により成長していくからです。
「聞いたことは忘れる・見たことは覚える・体験したことは解る・発見したことはできる」
体験や発見は子どもの成長には欠かすことができない楽しい学びの機会です。

 

 

海の子森の子クラブ4つの目的

1 自然の中で仲間と協力しながら遊び、コミュニケーション能力を身につける
2 安全、危険を理解し、安全に遊ぶ方法と体づかいを身につける
3 自主性・自立性を高め、積極的に参加し、自ら考え行動できる力を身につける
4 自然の中で遊ぶ事により、自然の大切さに気づき行動する心を育てる

 

もっと詳しく知る>>