Oct 7, 2016

釜石 川キャンプin鵜住居川

釜石 川キャンプ

実施日 8月10~13日

場所  釜石市橋野町・鵜住居川

主催 一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校

協力 一般社団法人地球の楽校

 

釜石市は、震災以前から海の自然体験や人材育成講座で通っていた地域です。講座の生徒さん(と言っても年配者です)には、たくさんの被災者が出てしまいましたが、ご本人で亡くなった方がいなかったのは私にとって何よりでした。もちろんご家族、親戚にはご不幸もありました。 このような経緯から、震災時には現地に2週間で駆けつけました。いてもたってもいられなかったのです。支援はやることはたくさんありましたが、家族の命をどうながらえるか、大人達がものすごい不安と恐れに脅かされている最中、一方で気がかりだったのがその子ども達です。それで、物資の調達の他に、子どもの居場所づくりを始めたのです。 毎年行われてきた川のサマーキャンプは、これが始まりです。震災から5年たった今も、起こった不幸の記憶をにぬぐう事は難しく、ましてや身内がなくなってしまった子ども達の心情には、計り知れないものがあります。同じように変わらず楽しんでいる子どもの中に、何人かはそういう子が参加していて、スタッフ同士で気づかいながらの活動をしています。

福島の子と同じです。私たちは、心身の健やかな時間が、出来事をのり越えるための力になると考えています。川という自然は、子ども達を根本から元気にする力があります。それが解っているので毎年企画され、私も5年前と変わらない気持ちで通っているのです。そして反対に、子ども達の笑顔と歓声は、私たちがこれからも継続しようと思う気持ちを力づけてくれます。ウインウインの関係です。笑

p8120064

前日には、川の活動の計画と安全についてのワークショップをしています。
ライフジャケット、ウエットスーツ、みたこともない物を身に着けての活動、みんな真剣です。

p8110007

ウォームアップを兼ねて、しばらく歩いて渓流に向かいます。水温はおよそ14℃、イワナが暮らす領域です。

p8110037
いよいよ川に入ります。前の淵はとても素敵な環境で、もののけ姫に出てくる清浄の池のようなんです。

p8110049

川流れで遊ぶのが面白いです。でもまれてくると飛び込む子もでてきて、みんなはだんだんと大胆になっていくのです。それにしても美しい森と水辺。これが岩手県の誇りです。

p8110060
あんなに緊張していたのに、遊ぶことでこんなにリラックスできるようになりました。
最後は、「修行の滝」というチャレンジプログラムが用意されています。泳いだり歩いたりして、険しい渓流をさかのぼり滝にたどり着く、そこで修業をするというストーリー。今年も全員で成功させました。写真はまたの機会に。
3日のキャンプですが、みな逞しくなってかえっていきました。

 

Posted in ニュースNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment